注意が必要

看板製作をする際には、著作権については学んでおく必要があります。看板も宣伝の1つなので、著作物を無断で使用すると訴えられることがあります。法的な面からも考えると、著作物は無断で記載することの無いように注意することが大切です。 また、設置の際には大きさについての制限が設けられていることもあります。道路上に突き出している広告は制限の対象となるので、必ず事前に確認しておくことが大事です。また、どのようなものを制作する際も許可申請書が必要となります。

看板には大きな訴求効果があります。その看板の制作の際にも、様々な工夫や豆知識を知っておくことで、より訴求効果が期待できるものになります。看板についてのあらゆる知識は、専門書などにも掲載されています。制作する前には、色々な本を読んでおくと良いです。 文字は大きく、簡潔に書かれているほうが目に止りやすいといわれています。あまり小さな文字で長々と書いていると、看板としてはあまり効果は期待できない傾向が強いです。ふとした瞬間に目に止まるものなので、主張するように制作すると良いです。 科学的に証明されていることの1つとして、人の目が一か所に留まる平均的な滞留時間は、0.3秒といわれています。この秒数で読めるのは10文字程の文字数が限界であり、看板にも同じことがいえます。